臼井ミトン【プロフィール】

プロフィール画像170年代のアメリカンミュージックに色濃く影響を受けながら、都会的なセンスでオリジナル楽曲を生み出す東京生まれ東京育ちのシンガーソングライター。

宅録機材をリュックに詰めてアメリカ中の伝説的なミュージシャンを訪ね歩く 「旅する宅録アーティスト」として各種メディアで話題に。

FUJI ROCK FESTIVALに2年連続出演、他アーティストのプロデュースも次々と手がける期待の実力派!

経歴詳細

1984年4月23日生まれ、東京都世田谷区出身のAB型。
幼少よりチェロを学び、中学高校時代はバンド活動に熱中。都内屈指の名門進学校に通っていたものの音楽熱が高じて大学受験戦争から離脱、高校卒業後はボストン・バークリー音楽院にギター専攻で入学。

ジャズスタディーに馴染めず、ほどなくしてロサンゼルスへ逃亡。ギタリストとしてプロ活動を開始するも、James Taylorのライヴに感銘を受けてシンガーソングライターへの転身を決意、20歳で帰国。独学でピアノも始め、数年にわたり歌やピアノの練習に没頭しながら曲を書き溜める。

その後、宅録機材をリュックに詰めてアメリカ中を放浪。持ち前の英語力と行動力(と図々しさ)を活かし、自らアポイントを取りながらアメリカ中の伝説的なミュージシャンを訪ね歩きアルバムを制作。「旅する宅録アーティスト」としてこれまでに2枚のアルバムと1枚のシングルをリリース、各種メディアで話題に。作詞家・松本隆が帯コメントを寄せ、「ミュージック・マガジン」や「サウンド&レコーディング・マガジン」に特集記事が掲載される等、そのユニークな制作手法が音楽業界内で大きな注目を集める。

CDは全て自主制作、事務所やレーベルも未所属というマイペースな活動ながらFUJI ROCK FESTIVALに2年連続出演、その他RISING SUN ROCK FESTIVAL in EZOやPeter Barakan’s LIVE MAGIC!等大型フェスへも次々と出演、他アーティストのプロデュースや編曲も多数手掛け、実力派男性シンガーソングライターとして音楽シーンにその名を着実に広めつつある。

経歴 – 詳細バージョン

1984年生まれ東京都世田谷区出身の牡牛座AB型。幼少よりチェロやドラムを学び高校在学中はバンド活動に勤しむと同時に、デザイン事務所にアルバイトとして潜り込みグラフィックデザインのスキルを磨く。高校卒業後はバークリー音楽院に入学し即中退してロサンゼルスへ移住、ギタリストとしてプロ活動を開始するも、James Taylorのライヴに感銘を受けてシンガーソングライターへの転身を決意、20歳(2004年)で帰国。23歳でDr.Johnの教則ビデオに出会いニューオリンズスタイルのピアノに魅せられ、独学でピアノも始める。グラフィックデザイナー・アートディレクターとして働きながら数年間にわたって曲作りや楽器と歌の練習に励む。

2010年頃からアメリカへ渡り、宅録機材を詰め込んだリュックを背負いアメリカ各地方の音楽都市を放浪、自力でアポイントを取りながら現地のミュージシャン宅でオーバーダビングを重ね、1stアルバム「Singer Traveler Songwriter」を完成させる。2011年8月にライヴ会場限定販売でリリース(のちに1000枚完売!)。
そして同様の手法でJim Keltner、Will Lee、Henry Butler、Greg Leisz、Herb Pedersenら伝説的なミュージシャンを訪ね歩き制作したミニアルバム「真夜中のランブル」を2014年8月6日にリリース、OTOTOYやナタリー、ヤフーニュースなどのネットメディアで大きく取り上げられ、「Sound & Recording Magazine」「ミュージック・マガジン」「Drums Magazine」など多数の雑誌でインタビュー記事が掲載される等、その制作手法と豪華な参加ミュージシャンで話題に。

この作品をきっかけに音楽プロデューサー・久保田麻琴と出会い、完売となっていた1stアルバムを久保田麻琴のリマスタリングで2015年3月18日に再リリース。装丁を一新、ボーナストラックも加えた新版「Singer Song Traveler」は、作詞家・松本隆が帯コメントを寄せるなど、改めて脚光を浴びる。

2015年1月にはピーター・バラカンによるトークイベント「Barakan Evening」の記念すべき第一回目のゲストとして出演し、ニューオリンズピアノを披露。同年夏には日本最大のロックフェス「FUJI ROCK FESTIVAL’15」やピーター・バラカン主催のルーツミュージックの祭典「Live Magic!」に出演。

また、2016年には音楽プロデューサーとして「Leyona」「Unlimited tone」「maaayo」といったアーティストのCDを立て続けにリリース、2年連続でフジロックへの出演も果たすなど、様々な活動で音楽シーンにその名を着実に広めつつある。

主なイベント・フェス出演

2015年01月 – Peter Barakan’s BARAKAN EVENING Vol.1 ゲスト出演
2015年05月 – 栄ミナミ音楽祭 出演
2015年07月 – FUJI ROCK FESTIVAL 出演
2015年10月 – Peter Barakan’s LIVE MAGIC 出演
2016年02月 – 新宿伊勢丹本店バレンタインコンサート 出演
2016年07月 – OCEAN PEOPLES代々木公園 出演
2016年07月 – FUJI ROCK FESTIVAL 計3ステージ出演 (臼井ミトントリオ、Leyonaサポート、若旦那、TOSHI-LOW、渡辺俊美サポート)
2016年08月 – オハラ★ブレイク猪苗代湖 出演
2016年08月 – RISING SUN ROCK FESTIVAL 計2ステージ出演(臼井ミトントリオ、Leyonaサポート)
2017年05月 – GREENROOM FESTIVAL 出演
2017年09月 – 中津川 THE SOLAR BUDOKAN 出演

主なツアー・ライヴ等

2014年12月 – 臼井ミトン with 武藤祐生 関西ツアー全6ヶ所
2015年03月 – 臼井ミトン with 武藤祐生 関西ツアー全4ヶ所
2015年10月 – 臼井ミトン with 武藤祐生 関西ツアー全4ヶ所
2016年03月 – 臼井ミトン with 武藤祐生 関西ツアー全4ヶ所
2016年08月〜12月 – Leyona「わすれちゃうよ」レコ発ツアー全国33ヶ所 (ギター・鍵盤サポート)
2016年05〜09月 – Unlimited tone ホールツアー3ヶ所 (音楽監督、ギター・バンジョー・鍵盤サポート)
2017年05月 – 臼井ミトン with 中條卓 + 沼澤尚 ツアー西日本〜北陸エリア10ヶ所
2017年09月 – Unlimited tone 10周年記念ホールコンサート (音楽監督、ギター・バンジョーサポート)
2017年10月 – 臼井ミトン with 中條卓 + 沼澤尚 ツアー九州〜西日本エリア10ヶ所