FM COCOLO「MARK’E MUSIC MODE」生出演

平日夕方の帯番組、FM COCOLO「MARK’E MUSIC MODE」にLeyonaと生出演!生演奏もあります。

【放送日時】2016/10/18(火)18時台

2016/10/13

ミュージックマガジン12月号に掲載

ミュージックマガジン2014年12月号 臼井ミトンミュージックマガジン2014年12月号にピーター・バラカンさん主催のフェス「Live Magic」のライヴ評を書きました。

取材で2日間にわたり全ての出演者を見たのですが、結局字数の関係でほぼJohn Cleary(ジョン・クリアリー)についてのみになってしまいました。次は取材じゃなくて出演者として参加したいものですね・・・。ともあれ、是非書店で手に取ってご覧ください。

2014/11/20

Player 9月号に掲載

月刊Player 2014年9月号 臼井ミトン 真夜中のランブル月刊誌「Player」10月号に「真夜中のランブル」ディスクレビュー掲載いただきました(P67)。
ごく簡潔な短い記事ではありますが、「70年代SSW好きにはオススメのレア盤」とご紹介いただいております。編集長自らレビューを書いてくださいました。是非書店でチェックしてみてください。

2014/09/09

月刊Stereo 9月号に掲載

月刊Stereo 2014年9月号 臼井ミトン 真夜中のランブル音楽之友社「月刊Stereo」9月号に「真夜中のランブル」レコ評を掲載いただいております。(P159 「今月の話題盤」コーナー)
「この逸材の存在も少しは知られるようになったのだろうか?」との書き出しで始まる大絶賛レビューを書いてくださったのは大御所音楽評論家の増渕英紀さん。そうなのです、流通にも乗らず全く話題にならなかった僕の「臼井健」名義のファーストアルバムを当時色々な雑誌で取り上げてくださった大恩人です!

「この溢れんばかりの才能はすでに今の器には入り切れずに、もっと大きい器を求めている」

是非書店で手に取ってご覧ください!

2014/09/01

ミュージックマガジン9月号に掲載

ミュージックマガジン9月号 臼井ミトン 真夜中のランブルミュージックマガジン2014年9月号に臼井ミトンのインタビューが掲載されています!

Dr. Johnの新譜発売にちなみ「ニューオリンズ音楽の魅力を語る」というコーナーで、主にDr.Johnの教則ビデオや今回のアルバムでピアノを弾いてくれたヘンリー・バトラーについて語っています。憧れのピーター・バラカンさんと見開きページでお隣です。

インタビューがP43、そして「真夜中のランブル」についての長文ディスクレビューもP131に掲載されています。是非書店で手に取ってご覧ください。

2014/08/20

ベースマガジン9月号に掲載

ベースマガジン 臼井ミトン 真夜中のランブル2014年8月19日発売のベースマガジン、巻末のカラーページP152(最後から2ページ目くらい、ホントに巻末の巻末です)に「真夜中のランブル」についてのニュース記事が掲載されています。

“日本が誇る「移動式宅録アーティスト」”とのお言葉をいただきました!

小さい記事ですが書店お立ち寄りの際には是非ご覧ください!

2014/08/20

ドラムマガジン9月号に掲載

ドラムマガジン2014年9月号 臼井ミトン現在発売中のドラムマガジン(Rhythm & Drums Magazine)9月号にて、「真夜中のランブル」リリースがきっかけになりジム・ケルトナー(Jim Keltner)大特集が組まれています(P24〜)!表紙もジム!

誌面でアルバムをご紹介いただいているのはもちろんのこと、僕自身も本人電話インタビューのセッティング、コラム執筆、写真提供で協力させていただきました。「夜汽車にのって」の冒頭フィルインのコピー譜まで載っています(!)。(巻末のP102にはレジェンドドラマー・古田たかしさんによるディスクレビューも!)

この雑誌をきっかけにジム・ケルトナーのことを初めて知る若きドラムキッズが日本中に少なからずいるであろうことを考えると、本当に音楽やってて良かったなぁとしみじみ思います。

そしてレコーディング時にカメラ小僧よろしく興奮して執拗にバシャバシャ撮りまくったジムのドラムキットの写真がこんな形で役に立つとは思いもしませんでした。記事のそこかしこで僕の撮影した写真が使われていますので是非ご覧ください。

2014/08/12

サウンド&レコーディング・マガジン9月号に掲載

サンレコ2014年9月号 臼井ミトンサウンド&レコーディング・マガジン9月号に臼井ミトンのインタビュー記事がなんと見開き2ページフルカラーで掲載されています。

録音技術の専門誌なので制作側の人間でない限り普段読む機会はあまりないかもしれませんが、他にもインタビュー記事が多数掲載されており、アーティストがそれぞれどういうこだわりをもって音源を制作しているか、その情熱に触れられると思いますので是非書店で手に取ってご覧ください。

業界では非常にポピュラーな雑誌なので、音楽誌のコーナーにはたいてい置いてあると思います。表紙はドリカムの中村正人さんで、表紙にも名前を載せていただいております。

2014/08/12

サウンド&レコーディング・マガジン8月号に掲載

サンレコ2014年8月号臼井ミトン現在発売中のサウンド&レコーディング・マガジン8月号、P204【News】コーナーで臼井ミトン『真夜中のランブル』が掲載されています。

小さなレビュー記事ですが是非書店で手に取ってご覧ください。

2014/07/18

リットーミュージックマガジンWEB掲載!!

臼井ミトンのミニアルバム『真夜中のランブル』リリースに関する記事がリットーミュージックマガジンWEBに掲載されました。
コチラから是非ご覧ください。

今後も各メディアにじゃんじゃん掲載されてゆく予定ですので、またお知らせします。

2014/07/03